はあ、ウトメ、特にウト、あんたほど嫌いな奴はいないってくらい嫌になったよ