おじさん「あーあーこんなんなって…綺麗にしてやるからほら、もっと」