幼少時から俺の世話女房だった嫁が「俺ちゃん助けて!」。すぐに駆けつけたら・・・