隣りに立っていたおじさんが、私の顔、痴漢の手を掴んで上げている手、痴漢の顔ろ、三角形に視線をうごかして吃驚した顔をしていたのが印象的でした。