俺「どうしたの、大好きな恐竜だよ?近く行こうよ?」 息子「いやだぼくはいかない」