一度も会ったことのない父のおばと言う人が息子を連れて朝早くから家に乗り込んできた