母「…誰も助けてくれんのか…」  私「遅すぎたよ、もう遅すぎたよふははははは!」