猫「待ってたで!」 私「いやこれ犬のだから。それ以上来たら危ないよ」