トメ 「むかーしむかし、あるところに桃太郎さんがいました。……。」