ある時娘が「(コウト)君と一緒に寝たい」 と言い出した。