祖父「誰にも迷惑はかけてないんだから恥じることはない。俺は生まれ変わっても喪子の爺ちゃんになりたい。」