待合で会計待ちしてたら、近くに座っていたおじ様が立ち上がり、歩き出したところでひらりと何かが自分の足元へ