庭の隅にいつの間にか咲いていたなけしの花を、近所の図々しい親子が「ちょうだいよ!」と根こそぎ持って行った