「これは死んだ彼女の形見。お前なら彼女も認めてくれるだろうから」